足首用のサポーターの特徴や種類

サポーターといっても膝や肘、足首など色々な部位ごとに専用のものがあります。

足首を捻挫したときには専用の物を使うことで固定されて、ブレを防いで可動域を最小限に保てるので回復しやすくなり、痛みも和らぎます。
平時に使うと足首への負担が軽減されて捻挫のリスクが下がる効果も持ってます。

足首のサポーターの種類は色々あって、日常生活に適したものからスポーツ用、脚の捻りクセをカバーするタイプなどがあって、スポーツ用でも競技用に展開しているメーカーもあり、目的と足首の状態にあわせて選べます。


テーピングと違い誰でも手軽に巻けて、足をしっかり補うことが出来ます。
サポーターの選び方ですが、用途に適しているかや厚さなどが靴に合っているか、左右が合っているかなどに注意して選びます。

お手軽なサポーターの情報はこちらです。

痛むときでも、日常的に痛むのか軽い運動をする場合、本格的スポーツをすると痛むなど発生する状況も考えた方がいいです。



運動中に足首の両側を支えてくれるパッドがマッサージをして疲れを軽減し、運動中のブレも軽くして蒸れを抑えるニット編みタイプもあります。



他にも、足裏から足首まで優しくサポートし日常的な軽い運動におすすめで、薄くて縫い目も少なく衣類とかさばりが気にならず優しい肌あたりで長い時間使える種類もあります。
スポーツ向けだと骨格の構造に合わせた設計で、内反・外反の両方を抑制してくれて足底からクロスでとめられるストラップ付で前方へのぐらつきも手助けします。

足底には防滑加工もされてます。