内科で漢方薬がもらえるか

西洋薬よりも漢方薬が効果的なことがあります。


例えば睡眠導入剤は効き目がやや強くて、副作用がありますが、眠れるようになる漢方薬もあるので、使ってみる価値があります。

ほとんどの内科の病院では、こちらが依頼すれば、漢方薬を処方してくれます。



内科は呼吸器の病気から胃腸の病気、糖尿病、泌尿器の病気など内臓に関するあらゆる病気の薬を取り揃えています。

その薬の中には漢方薬も含まれています。

漢方薬は薬局やドラッグストアなどでも購入できますが、決して安い値段ではありません。10日分程度だったら、最低でも2000円程度です。



内科で処方してもらったら、保険が使えるで購入費は安くなります。

漢方薬の場合は長期飲み続けなければ、効果の出ない場合もあります。

病院でまとめて処方してもらえば、お金の節約になります。



内科の先生は漢方薬の専門的な知識を持っているわけではありません。

しかし、一つ一つの病気に適している漢方の知識は身に付けています。
もちろん、副作用のことも知っています。

本格的な漢方の治療を受けたい時は漢方医がいる病院に行った方が良いですが、そうでなかったら内科で十分です。

副作用のせいで西洋薬が飲めない場合や、西洋薬の効き目が薄い場合は、漢方を使ってみれば症状が改善することがあります。


病院によって若干異なっていますが、漢方薬はまとめて処方してもらえる場合が多いです。もし可能だったら、1ヶ月分処方してもらえば、診察代を節約できます。