おせちに入っている祝い肴とは

subpage01

お重に入っているおせち料理は一の重から三の重、もしくは五の重まであります。

一番下の段には祝い肴と口取りと呼ばれるものが入りますが、祝い肴は地域によって入っているものが若干異なっており、作る際には地域の様子を参考にする必要があります。


祝い肴とはお祝い膳の前に出す酒の肴を意味しており、たとえ他の重のおせちがしっかりとしていなくても祝い肴がしっかりとしていればお正月をしっかりと迎えることができる、と言われるほど重要なものとして位置づけられています。

おせちついてはこちらのサイトでご確認ください。

関東と関西ではほんのわずかながら違いがありますが、東日本と西日本でわかれているわけではなく、たとえ西日本であっても関西のものが入っているとは限りません。


関東のおせちに入っている祝い肴は、数の子と黒豆、田作りになります。数の子はニシンの卵であり卵が多くぎっしりと詰まっていることから子孫繁栄を願っており、黒豆は魔よけとまめに働いてまめに暮らせるようにという願いが込められています。田作りはごまめとも言われており、片口いわしの稚魚を干して甘辛く煮詰めたものになります。
いわしの稚魚が使われているのは、田畑の高級な肥料として片口いわしが使われており、イワシを肥料として使うとお米が豊作になったことから食べられるようになりました。



関西のおせちの祝い肴も数の子と黒豆が入っていますが、関東との違いはたたきごぼうが入っています。



たたきごぼうには、その形や色が豊作の時に飛んでくる黒いタンチョウを連想させることから入れられるようになりました。