肘サポーターの主な特徴

テニスやゴルフ、野球やバレーボールなどスポーツや筋トレなど、肘に負担がかかる作業から守ってくれるのが肘サポーターです。

サポーターに関する情報満載のサイトです。

安価だと100円均一でも買えますし、医療用からおしゃれに使えるタイプまで種類は色々です。



テニスなどのスポーツや普段の生活で肘へは多くの負担がかかっていて、長時間スマホを使うために起きるスマホ肘と呼ばれる症状もあります。


肘に負担がかかるスポーツをしているとき、痛みが起きたら不安など肘の痛みが気になるなら肘サポーターを使った方がいいです。
病院に行かなくても自分で買って気軽に付けて試すことが出来ます。肘を痛めないための予防や同じケガを繰り返さないための再発防止が可能で、肘の負担を軽減させるサポートをしてくれます。


ただ、全ての痛みやケガを防止できるのではなく、サポーターはあくまでサポートが目的なので身体機能が弱かったり過剰な負荷がかかると痛みやケガが起きる可能性もあります。痛みがあるときは自己判断で使わないで、適切な医療機関に行ってから相談したほうがいいです。


色々な形やデザインがあって状態やスポーツにあわせて選ぶのがコツです。すっぽり覆う巻くだけのシンプルタイプだと、伸縮性に優れた生地で出来ていて、装着も簡単です。


軽く圧迫感がありますが固定性はあまりなく、スポーツをする場合や痛みを予防したい時に向いてます。
マジックテープやベルトを締めて固定するタイプは、巻くタイプより固定性は高いですが可動性が劣ります。



曲げると巻くタイプより関節を動かしにくく感じますが、予防より痛みがあるときに最適です。