どんなに気をつけていても、住んでいるうちにフローリングに傷をつけてしまうことはあるものです。あまり大きく傷んだ場合は、修理業者への依頼が必要こともありますが、ちょっとした傷であれば自分で直すことができます。フローリングの補修グッズはたくさんの種類が販売されており、ホームセンターやオンラインショップで購入できます。ひっかき傷や擦り傷、色あせ、えぐれた穴などの傷みの種類や、大きさ、フローリングの色などで補修キットを選びましょう。

小さな傷や穴であれば、切って貼るだけのテープタイプの補修グッズがお手軽に使えます。ただし、フローリングの色や柄にちょうど合うものでなければ目立つのが欠点です。ひっかき傷であれば、さっと消せるクレヨンタイプがおすすめです。塗るだけですみます。

複数の種類が入っているので、何色かを混ぜて使い、フローリングの色と合わせましょう。また、ドライヤーなどであたためて柔らかくして傷に塗りこむクレヨンタイプもあります。穴が開いている場合は、補修用のパテを傷跡に埋めて平らにするキットがいいでしょう。穴の回りのケバだちをカッターなどでとりのぞいてから、パテを埋め込んでいきます。

パテが完全に固まったら、はみ出した部分はサンドペーパーなどで削って平らにするといいでしょう。全体に細かな傷がついているという場合は、ワックスを掛けるのもおすすめです。傷がついたら適宜補修し、美しい状態を保つようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です