日本のお正月といえばおせち料理

subpage1

日本のお正月の食卓といえば、お雑煮とおせち料理を思い浮かべる人が多いでしょう。

おせちに今、注目が集まっています。

重箱に入った色とりどりの料理や食材は、新年にふさわしい華やかな食卓を彩ってくれます。



おせち料理はもともと「御節料理」と表現されていました。
3月3日桃の節句、5月5日端午の節句などの節目の時に、神様へのお供えしたものを御節供(おせちく)と呼んでいたのです。

庶民の間でも御節供が民間の行事として広まり、1年に5回の節目ごとに豪華な料理をふるまうようになりました。
それが、お正月という新年を迎える大事な日に供されるようになってきました。


現在のように料理ひとつひとつに意味がこめられてて正月に食べる習慣ができたのは江戸時代後期です。そして今日のように重箱に詰めるスタイルは江戸時代末期から明治時代ごろと言われています。


おせち料理は重箱に詰めるのが基本的なスタイルですが、これは「幸せを重ねる」という意味が込められています。



どの段に何を詰めるかも決まっていて、四段重の場合は一の重は祝い肴や口取り、二の重は焼き物、三の重は酢の物、与(四)の重は煮物というのが決まります。おせち料理には黒豆、数の子、田作りや伊達巻、昆布巻きや筑前煮などいろいろな料理が入っていると思います。

すべての種類を合わせると20〜30種類になります。

家庭ですべて作るのは大変ですが、1段でも2段でも作って皆でお正月を迎えればきっと話もはずみ、楽しく華やかでにぎやかな食卓で新年にふさわしいお正月になるに違いありません。

おせち関係の情報

subpage2

おせちと言ったらお正月に家族や友人、親戚や知り合い、普段遠くに住んでいて会えないような人たち、昨年度にお世話になった人たちなどたくさんの人と一緒に食べながら昨年に起こった出来事や楽しかったこと、嬉しかったことなど、様々な内容の話をして1年の始まりを楽しく過ごすと言う一大イベントですが、どうやら今年は違うような楽しみ方に変わっているようです。今年は例年にもないような新型コロナウイルスが今年初めから流行が拡大し、社会全体で感染対策やソーシャルディスタンスなどの対策を行なっていますが、未だ収束に至っていません。...

next

おせち関係の真実

subpage3

長いように思えた2020年も早いものであと2ヵ月で2021年。今年は新型コロナウイルスの流行により外出自粛やリモートワークの普及など多くの変化があった年ですが、皆さまは今年の年末をどうお過ごしになりますか?コロナが怖いから年末や新年の実家への帰省や初詣などはそもそも行かないかオンラインで済ませる人も多いでしょうが、せめて新年を迎える為のおせち料理位は作りたいものです。...

next

おせちコラム

subpage4

お重に入っているおせち料理は一の重から三の重、もしくは五の重まであります。一番下の段には祝い肴と口取りと呼ばれるものが入りますが、祝い肴は地域によって入っているものが若干異なっており、作る際には地域の様子を参考にする必要があります。...

next

おせちについて思うこと

subpage5

夫婦共働きのご家庭も多く、お正月におせちを作る時間がない方もいるため、しっかりと準備を進めていくことができるようにすることも大事なポイントです。お正月にこだわりたいこととして、おせち料理に注目する方は多く、今まで手作りで用意していた方も時間がないとあきらめてしまう方も多くいます。...

next